座りすぎは死を招く?

こんな研究結果があります。
1日に11時間以上座る人は、4時間未満の人よりも死亡リスクが4割も増す。

また近年、座りすぎの状態が生活習慣病の発症リスクを高めることが明らかにもなった。

自粛期間中の運動不足で体のあちこちに不調が出やすい時期であり、
✔︎腰痛
✔︎肩こり
✔︎目の疲れ
が顕著に現れます。

特に座りすぎによる腰痛は深刻なもので、筋力の衰えにより自分の力で身体を支えるのが困難になっている方が増えています。

長く座れば座るほど、寿命は縮み、生活習慣病や認知症の進行を早めるという事を認識しておいてください😥

買い物は車を使わずに歩くもしくは自転車で行くなどから心掛けていきましょう!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP