デスクワークが身体に悪いの本質とは?

パソコン作業をすることが身体に悪いと考えいている人が多い印象を時々感じます。

よくセラピストが「デスクワークはしんどいですよね」「身体に悪いですからね」

という言葉をする人がいますが、少し違うかと思います。

実際はこうです。

パソコンをしている事が身体に悪い→パソコン作業をしている姿勢が悪い事がほとんどです。

確かにパソコンからは赤外線や身体に悪い電波が出ていると言われていますが、それだけでは腰痛やお尻がシビれたりはしません。

理由として、腰やお尻など同じ部位に負担がかかり過ぎる為に痛めたり、同じ姿勢により血流が悪くなり、身体が硬くなったり足がシビれたりするからです。

ではそんな痛みに悩まされない為にはどうしたらいいのか?

対処法として一番簡単なのは、お尻の下にクッションを引くことです!

本当は1時間置きにトイレに行ったりストレッチしてもらいたいのですが、そんなに頻繁に動けない!というお声もいただきます。

クッションなら買ってしまえば半永久的に腰への負担を軽減できるので、長時間作業をする人こそちょっと良いクッションを買って身体への負担を減らしてあげてください。

ただクッションを使用したからといって腰痛にはならないと思わないでください。

本来1時間に1度は身体を動かしてほしいにもかかわらず、クッションで代用しているだけなので、仕事帰りにエスカレーターではなく階段を使うなどの軽い運動を日常生活に取り入れてみてください。

まずは身体が元気な状態な時、自宅から出社する際階段を使うことから始めてみてはどうでしょうか?

僕は今日も階段を使って出社と帰宅します🙌

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP